メモ

記録

GWの記録②

5月5日(土)

 

記憶がもうほぼない。

 

新幹線に乗って山口県に移動した。

 

時間を潰すために入った喫茶店、家族経営っぽくて、お店の人がみんな生活感丸出しの私服にエプロンを着ていて、建物も古い感じ、これに対して、立地柄(新幹線の駅から徒歩3分)客層が浮き足立ったよそ者ばかりでチグハグな感じだった。

 

かき氷にストロー(先がスプーンみたいになっているやつではなく、正真正銘ストロー)が刺さっていて、溶けきって甘い液体になっても全て飲み干せるようになっていた。逆にプレッシャー。甘い水になる頃には、基本的に辟易しているわけですから、、スプーンでは食べられないからという理由で諦めさせてくれよ。

と思いながらズルズルと甘い水を飲む。

 

途中で70オーバーと思しき男性二人組が入ってくる。

一人は常連っぽい。大声で脈絡のない感じに喋り散らかしている。

 

「今日はボーイフレンドを連れて来た」と上機嫌で、「この人にあれを食べさせてやりたいの、あれ」とお店の女性に仕切りに絡む。

ボーイフレンドはほとんど喋らずにニコニコしている。

 

「この人はね、甘いものが好きじゃないの。でもどうしてもあれを食べさせてやりたい、ミルクセーキ

 

ミルクセーキというのは、かき氷で、他のかき氷と違って縦長の、コップのような器に氷と、おそらくは煉乳ソース的なクリーム色のソースがかかっているメニューのようで、そりゃ絶対甘いものが好きじゃない人は好きじゃないだろうというメニューだった。

お店の奥様も当然困惑しつつ、しかし常連おじさまのものすごい勢いで「どうしてもこの人に食べさせてあげたい」と言いまくるのに気圧されて「じゃあちょっとだけ甘さ控えめでね」と苦しそうにいなしながら奥に引っ込んでいった。

 

 

出て来たミルクセーキはやっぱりめちゃくちゃクリーム色で、甘そうだし、ていうか甘くなかったんだとしたらそれ単なる氷だし、それはそれで美味しくないし、もう激甘か水かの二択じゃん、どっちも地獄じゃん。

 

 

ボーイフレンドは、「ああ、でも、甘いけど、これは大丈夫、食べられる」と言いながら食べていて、常連おじさまは「そうだろ、これがうまいんだ」と大変嬉しそうだった。

 

 

ボーイフレンドかあ。素敵な響き。

本当に私がイメージするところのボーイフレンドなのかな。

でも、もはや仕事仲間でもあり得ないような(元同僚とかはあるかもしれないけど)年代の二人組で、ボーイフレンドで、常連のおじさまの方はもう3割くらいは意味のわからないことを言っていて、5割くらいは同じ内容をずっと繰り返して話しているような人で、その人と休日に連れ立って喫茶店に来て、無理してミルクセーキを食べているんだとしたら、相当忍耐強い人か、それかもしくは本当にボーイフレンドなんだろう…

 

 

 

5月6日(日)

 

飛行機は着陸するときにとにかく何をしても耳が痛くなって、痛くなったら最後数時間ずっと違和感が取れないからすごく嫌いだけれどもとにかく速いので乗って帰る。

 

 

空港で渋々、ぷっちょを買う。

 

 

初めて飛行機に乗ったのは、20歳の誕生日頃に家族でオーストリアに行ったときで、その時は対して痛くならなかった。

 

飛行機に乗ると必ず思い出すのは、「ハイチュウを食べていると耳が痛くならないよ」という先輩のアドバイスで、

 

次は同じ年に大学の先輩たちと台湾に行ったときで、そのとき、飛行機で隣の席だった女性の先輩に、「ハイチュウを食べると耳が痛くならないよ、あげる」とハイチュウを差し出された。

 

ハイチュウ限定なの?ソフトキャンディーってことか?ぷっちょじゃダメなのか?キャラメルは?どういうメカニズムで耳が痛くならないの?と訝しみつつ受け取った記憶。

ちなみに当時はまだそれほど耳が痛くならなかったのでハイチュウのありがたみもわからなかった。

 

 

その後、飛行機に乗るたびどんどん着陸時の耳の痛みがひどくなって来ていて、今ならハイチュウじゃなくてぷっちょでもキャラメルでもガムでも、噛んで唾液がたくさん出ればまあ良いということがわかるので、飛行機に乗るたびそれらを買うようにしているのに、全くもって効かない。

 

 

今回は唾液を飲み込むくらいじゃどうにもならないくらい耳がキンとなってしまって、鼓膜裂けるか!?今私の耳どうなってる!?と不安になる程の圧迫感と痛み、ついに頭全体まで痛くなって来て、もう飛行機はしばらく乗りたくない…と思いながら、ハイチュウの先輩(可愛い)のことを思い出していた。

5月20日

aikoの新曲「ストロー」のことを、

むかし好きだった人が、「aikoが最近出した踊り念仏みたいな曲」と言っていた。

踊り念仏……

君にいいことがあるように……君にいいことがあるように……あるように……あるように……

GWの記録①

4月30日(月)

初めて、渋谷のオフィスに出勤する。

先輩方の私服を初めて拝見する。

それぞれに癖が出ていた。

絶対ボーダーのTシャツに綺麗めのジーパン、キレイめのスニーカーだろうなあと思っていた隣のチームのマネージャーが案の定そうだった。小柄で童顔。「ほとばしる清潔感!」と叫んだ。みなさん苦笑。

夕方にマネージャーがアンリ・シャルパンティエのシュークリーム(中央にプリンがどかんとぶちこんである)を買ってくれた。

最近女の子とデートしたりしている先輩が「これなんて読むの?ヘンリー、、」と言っていて、「アンリ・シャルパンティエですよ」と教えてあげたらその後熱心に写真を撮ったりして、そのあともその日はずっと「えーと、アンリ何だっけ?」「あれでしょ、アンリ、、」などを空中に向かって投げ上げ続けており、周りが無視するものだから私はそれを「シャルパンティエです」「アンリ・シャルパンティエですよ」「有名だと思いますよ」「誕生日に父が買ってくれたりしました」などと拾い続けた。

夜は、本来この日旅行に行くはずだった昔からの友達と会って代官山でフレンチ。

看板犬がパピヨン2匹で、ひょっこりひょうたん島的なおじさんのバイクに乗せられて帰っていった。

友達の父上LINEを読んで爆笑。

仕事口調で娘に「目下、妻が怒っている案件」について報告し、「本件直接の問い合わせはNG」などと結んでいた。

そうか、世間のおじ様は書き言葉でのメールしかしたことないから、LINEでも口語ができないのか?

帰り道、人身事故に巻き込まれる。

5月1日(火)

普通に出勤。

あんまり記憶がない。

5月2日(水)

明日から四連休!

仕事どころではないので、のだめカンタービレをバックグラウンドで流しながらなんとか仕事をする。

前編、後編とあるので、4時間の映画を見終えた(聞き流してただけだけど)ときにはものすごい達成感だった。

帰り際、あからさまにごきげんな私に対して先輩(翌日も出勤)が「お前楽しそうだな」と苦笑いしていた。

立場が違うと大変だな。今は無責任になっておこう。

友達ふたりと横浜で会う約束だったが、退勤が21時近かったのでお店のラストオーダーに間に合わず。

諸般の事情で駅にて30分ほど待ちぼうけを食らう。とりあえず誕生日プレゼントを渡して、「空腹なので帰ります」と言って立ち去った。

「なんか疲れてるね」と言われるのがすごく苦手だ。申し訳ない。疲れてたとしても好きな人といる時は疲れを感じていないはずなのに!彼女らの話を聞きながら目が虚ろだったり返答にキレがなかったりしたということだから、申し訳ない。

5月3日(木)

ついに連休スタートし、まずは京都の親戚に会いに行く。

途中、新幹線の架線で火事が起きたりして30分ほど遅刻しながらもなんとかおばと合流。

数年前に大病をしたおばは会うたび少し小さくなっている気もする。

それでも色々なところを連れ回してくれて、お土産を沢山持たせてくれて、本当に相変わらず素敵な人だった。

おばの旦那さんも、相変わらず神経質な印象だったけれどとても良くしてくれた。

windowsoutlook話で盛り上がる。

おば宅の犬と猫3匹はやはり大変可愛かった。話を聞くと4匹の共同生活はなかなか難しく、とくに古株vs新入りの摩擦は絶えないようだった。まあたしかに古株の気持ちになると、なにもかも面白くないだろうな、、

夜は春から大阪の大学に編入した友達に会う。

読者サークルに入って、家賃3万以下の家に住んで、家にはWiFiも引いてなくて、娯楽が読書しかないと言っていた。

森見登美彦的世界観……!

(読んだことないけど)

「初めて会った時はそうじゃなかったのに、いつのまにか見た目ちょーサブカルに育って……」としみじみ伝える。(古着と思われる服を着ていたので)(しかも丸眼鏡)

わたしが最近興味を持った噂話とか、友達の歴代彼女の話などをしていると、知り合ってからそこそこの時間が経過してることに思い至る。時が経つのは早いなあ。

最近は学生時代の友達と会うと、知り合って何年経ったか思い返してびっくりする。もう過去なんだー学生時代は。

夜は最近大阪に引っ越した彼氏の家に泊めてもらう。

梅田駅、大阪駅の定義が広すぎて合流にかなりの時間を要する。

ようやく合流できた時(20分くらいかかった)は軽く感動して、彼の写真を撮りストーリーに掲載。

「これで別れたら黒歴史じゃん、人はこうして黒歴史を刻んでいくんだね、でもまあストーリーって消えるしその点では良いのか」等とぶつくさ言う私は完全無視される。

私は誰に肯定されたいんだ。

「育ちが良さそう」「私も大阪に住んでいます」「(拍手の絵文字)」などの声をいただき、なるほどこんなにリアクションがいただけるのは初回だけだろうから、ここで踏みとどまれるかだな、、と思う。

私より3ランクくらい良い家に住んでいてひっそりと心折れる。福利厚生という言葉。

5月4日(金)

とにかく有名なイタリアンがあるからと駅ビルに引きずっていかれる。

何が有名なのかは忘れた。確かに行列ができていた。格調高そうな雰囲気だが、立地柄普通の人たちが行列している。

「この店は水が有料なんだよ」と言われた通り、はじめに「当店は水が有料でございます」と言われる。

なぜ?コストカット?欧米感の演出?

夜はスタンダードブックストアという大阪中心に展開している本屋に行った。とてもよかった!綺麗なビレバンというか、、気取ったビレバン

選書のセンスもよかった。私の好きな作家の本がたくさん、、

別に東京でも買える本を3冊購入。

5月5日(土)

新幹線に乗る日。

昨晩「ここから新大阪までどれくらいかかる?」と聞いたら「まあ40分くらいかな、、だから1時間前には家を出よう」と言われていたので、のろのろと支度をする。私の準備が終わったのは発車時刻の50分前だった。

間に合わなかったらどうしよう、、と思いつつ付き従って移動していたらなんと20分ちょっとで新大阪に着く。騙された。

日頃から寝坊と遅刻を繰り返す私が悪いので何も言わず「おばちゃんが飲み物を買ってあげようね」と言ってタリーズにいざなった。

結局自分の分だけ買う。

4月27日

みんなラブラブじゃないか。

帰りの電車で、俯いて膝に肘を載せる姿勢で携帯をいじってる人、向かいに座っているその人、昔好きだった人に雰囲気が似ている

でもこんなスニーカー履かないだろうな。

今顔を上げたけどやっぱり違う。当たり前。

4月27日

みんなラブラブじゃないか。

帰りの電車で、俯いて膝に肘を載せる姿勢で携帯をいじってる人、向かいに座っているその人、昔好きだった人に雰囲気が似ている

でもこんなスニーカー履かないだろうな。

今顔を上げたけどやっぱり違う。当たり前。

4月18日

家に携帯を忘れる。

たまには6時頃に帰れないかなーとおもい、今日は体調が悪いので早く帰り病院に行きます!と適当に宣言して病院に行くことにする。

全身の湿疹とかサボり続けている歯科検診とかもあったが、今回は懸案の婦人科検診に出かけることにした。

予約なしで行ったら待つだろうと思っていたら案の定2時間も待つ。

6時に退勤した意味よ、、

去年通ってた研修所の近くにある小綺麗な病院は、去年研修中にいきなり血尿が出て死を意識した時に駆け込んだところで、あのときは(昼休みの時間帯だったけど)空いていたのに、、

どうもお仕事帰りのお姉さま達でごった返している。立地もあるよねー。(日本橋)

婦人科は内科とかと違って、見た感じみんな体調悪くなさそうなのがやや不気味。飛沫感染する婦人科系の病気ない(ないよな?)から、誰もマスクとかしてないし。

みんな化粧バッチリだし。

不気味でもあるし、なんかつらい。

都心の綺麗な婦人科はまず名前を呼ばない。銀行の窓口のように番号で呼ばれる。

さらにそれぞれが受けてる診療が保険外かどうか周りにわからないように、金額が読み上げられない。「こちらです」と手元の明細書を示されるのみ。血尿事案の時、腹痛と発熱で朦朧としながら進んでいるなあと感動しました。

本を読んだり仕事したりしていると、「今日はお注射ですね」といって処置室に誘われる人の多いことに気づく。

婦人科でなんの注射かと思って調べたら、どうも、プラセンタという、とにかくそれをするとすべてがよくなる(らしい)ものを注入しているようだった。

プラセンタ……

結局九時過ぎに帰宅。

4月4日

朝 ドライマンゴー、カフェモカ、グレープフルーツジュース

昼 けんちんうどん(多すぎ)(半分残す)

夜 ご近所のイタリアンで明太子パスタと前菜盛り合わせ

22時まで働いてしまった……

いつもなら眠くなる午後の会議に出てきたお客さんがあまりにもイケメンで、議事録とりつつガン見してたら全く眠くならなかった。

そのあと自社に戻ってあの人めちゃくちゃイケメンじゃないですかと騒いでいたら、3年目の女性に真顔で窘められる。なぜだめなのか。議事録とったのに。姿勢が間違ってるということ?

偏差値が10くらいしかいらない作業に手間取り22時すぎに指導役(34歳独身男性)と帰宅。

私の最寄までずっと一緒なので3,40分話しっぱなし。

指導役は言葉のキャッチボールがあまり得意でなく、バッティングしてくるというか、こちらのキャッチを想定しない強さと角度の返しをしてくるので腐心する。

イケメンでコミュ力高かったら既婚者でも確実に恋になるやつなのに…………

向こうも面倒だと思っているだろう、、と思いつつ肩を落として近所のイタリアンへ行く。

1人で入るのは初めてだった。

日本人と西洋人の男性店員さんがふたり。客は私のみ。

うちのエリアではこういう店では高確率で話しかけられるので覚悟していたら話しかけられず。それどころか途中からやってきたアメリカ人の客(なのか非番の店員なのか)と西洋人の方がイタリア語で、大声で会話しはじめた。

店内で限りなく矮小化される私の存在、、

アメリカ人が急に立ち上がって私に近寄ってきて「私の名前はケイサンです」「あなたは東京人ですか」と話しかけてきた時は緊張のあまり顔がひきつってしまった。人のことをコミュ力低いとか思った直後に、、、バチが当たったなと思いつつ苦し紛れのナイストゥミーチューを繰り出す。

帰り際に結局店長(なのだろうか)の日本人に話しかけられる。近隣の飲食店の話になり、よくいく近所のイタリアンの名前を挙げたら西洋人が「(あの店)大嫌い!」と急に会話に入ってきてビクッとする。

ごめんなさい競合他社の話をして。