メモ

記録

9月2日

土曜に会った友達(女)、私の友達の中で一番モテる、というかそれこそ小学生の時から今まで(男の)吸引力が変わらないただ一人の女性、ダイソン掃除機みたいな感じなんですけど、女性の友人がほぼいなくて、昨日も私を目の前にして「女と会話する意味がわからない。必要性を感じない」と笑っていた。私はなんなんだ。嬉しいけど。

 

昼ごろ起きて、実家から送られてきた食料をしかと受け取り、のろのろと支度をして皮膚科に行き、買い物をして、スタバでワッフルを食べ、母の誕生日プレゼントを買って、食材を買って、ご飯を作って食べた。

 

めちゃくちゃ久しぶりに炊きたてのお米を食べたらうますぎて感動した。

毎晩食べたい。しかしダイエットしているので夜の炭水化物は控えている。

 

あと、ささみの茹で方を知った。沸騰した湯に投じ、30秒ほどゆがいたら鍋の蓋を閉めて8〜10分待つ。中まで火が入っているのに、パサパサでなくて、夢のように柔らかかった。

8月28日

会議中に動悸がしてきてかなり焦る。

まあでも大丈夫だった。

前から病気だったはずなのに、病気とわかった途端にあちこち具合が悪いような気がしてくるから不思議だ、というか自分の心の甘さに笑えてくる。

別にどこも悪くはないのだ。いや、悪いんだけど、病名発覚前は何も不都合なかったわけですから。

肝機能だけでも早くよくならんかね……

仕事のことは覚えていない。

途中サボってロバートキャンベルのブログを読んでいたら、感動した。

私の友達の中でも三本指に入るくらいモテる友達とごはんを食べた。

モテる女性は、モテるというだけで、かなりうまく立ち回らないと同性に疎まれがちで大変だなといつも思う。頭が良くないといけないのだとおもう。

私がこのように(相対的に)広い交友関係を持っているのは、徹底的にモテないからだよと口に出して言ってみたら、その時は本当らしく思ったのだが、よくよく考えてみれば単純な母数でいえば彼女の方が遥かに友達は多かった。社交的で警戒心を感じさせない振る舞い。だからこそモテるんだろう。結局、多いんだか少ないんだか分からなくなった。

「今度ごはんいこうね」は社交辞令ではなく、それを言ったら本当に行くのだ、それが義理のいうものであると言っていたのが印象的だった。(もちろん、基本的に、食事には自分から喜んで行っているという)

「行きたくない人にごはんいこうなどと決して言わない、間違っても行きたくないので」と笑っている自分の傲慢さがさらに笑えた。

丸ビルのもつ鍋やは個人的にすごく美味しいと思う。マルチョウ以外の部位要らないけど。マルチョウがおいしい。あれってマルチョウであってるか?

8月27日

持病も発覚したことだし会社を休みたい。と思いながら出社。

薬の副作用なのか、恐ろしいほどの眠気が一日数回襲ってくる。

昨日早めに寝たのに。困る。

また女の先輩に怖いことを言われた。

眠気と闘っている間に1日が終わった。

コーヒーをがぶ飲みして夜の研修に望む。

案の定それでも終盤眠気が来たが、同期と社内チャットしてなんとか耐え抜く。

帰宅する20時頃には猛烈な雷雨で、生まれて初めて雷で「ひっ」という声が出た。

帰宅して、適当にごはんを食べて寝た。

8月22日

会議がつまらなすぎ、長すぎだった。ひとつの話題でいったりきたり、3時間半。

おまけに次回持ち越し。

もっと時間を大切にしようぜ。いや、でも納得いくまで話し合わないとあとから不満も出るか、、

いずれにせよ同じことを何度も言うのは禁止にしたい。

「同じことを何度も言うようだけど」って「よう」じゃない。お前は既に言っている。何度も同じことを。

だらだら仕事して、軽い気持ちで勉強会に顔を出したら完全に次回も行く流れを作り出される。しかもデモが途中でもたついたあたりで睡魔が来る。

おそらく寝てても10分ちょいだからまあいいか、、よくないけど、、

本当に参加しなければよかったよ。

勉強会ほんとに眠いから困る。こんどは家から出よう。うちのチームの人以外みんな出張先のホテルから出てるからな。。何しててもマイクミュートにしてたらわかんないからな。

わたしはチームの人達とひとつの部屋に入って、スクリーンでウェブ会議見たいからって自分のPC映させられて、何もせずただ聞くだけ、という状況なので本当に眠くて眠くて眠くて無理!眠いもんは眠い!

自分なりに工夫して客先で寝なくなったら今度は勉強会で寝ない方法を考えないといけなくなった。会社に入ってから、注力して取り組んでるのほんとにこれだけだわ。居眠りしない方法。ゴミカスなので。

まあ指導係の人とあまり話さなくてよかったからよかったか。

8月19日

誕生日だった。

箱ライブに出た。

fbの誕生日は非公開にしていた(周りにお祝いの圧力をかけるのが辛いため)はずが、何かで病んで構ってほしい気持ちが爆発した時に公開にしてしまったのを忘れていた。

 

お祝いをLINEしてくれた人ほぼ全員に「よく覚えてたね」という完全にいらん言葉な上に、的はずれなことを言ってしまった。恥の多い24歳幕開け。

 

でもたくさん連絡をもらえて嬉しかった。

その一方で、恥ずかしくて誕生日を再び非公開にした。

 

 

箱ライブに出た。

バンドの方々からや来てくれた友達にも素敵なプレゼントをもらった。うれしい。

 

 

昨日の反省を生かし、主に自虐をもって全力で笑いを取りに行ったところ、優しいお客様に笑ってもらえて良かった。

 

 

どうすればモテるのか、見た目をもっと改善すれば良いのかと彼氏に相談したところ、「ならば自虐をやめろ」「ていうかキャラの問題」などと内面に関する指摘をいただいた。

 

モテの二文字が遠く霞んだ。

 

夜中までモテについて議論をした。

人生に一度はあるというモテ期。

 

 

iPhoneから送信