メモ

記録

4月18日

家に携帯を忘れる。

たまには6時頃に帰れないかなーとおもい、今日は体調が悪いので早く帰り病院に行きます!と適当に宣言して病院に行くことにする。

全身の湿疹とかサボり続けている歯科検診とかもあったが、今回は懸案の婦人科検診に出かけることにした。

予約なしで行ったら待つだろうと思っていたら案の定2時間も待つ。

6時に退勤した意味よ、、

去年通ってた研修所の近くにある小綺麗な病院は、去年研修中にいきなり血尿が出て死を意識した時に駆け込んだところで、あのときは(昼休みの時間帯だったけど)空いていたのに、、

どうもお仕事帰りのお姉さま達でごった返している。立地もあるよねー。(日本橋)

婦人科は内科とかと違って、見た感じみんな体調悪くなさそうなのがやや不気味。飛沫感染する婦人科系の病気ない(ないよな?)から、誰もマスクとかしてないし。

みんな化粧バッチリだし。

不気味でもあるし、なんかつらい。

都心の綺麗な婦人科はまず名前を呼ばない。銀行の窓口のように番号で呼ばれる。

さらにそれぞれが受けてる診療が保険外かどうか周りにわからないように、金額が読み上げられない。「こちらです」と手元の明細書を示されるのみ。血尿事案の時、腹痛と発熱で朦朧としながら進んでいるなあと感動しました。

本を読んだり仕事したりしていると、「今日はお注射ですね」といって処置室に誘われる人の多いことに気づく。

婦人科でなんの注射かと思って調べたら、どうも、プラセンタという、とにかくそれをするとすべてがよくなる(らしい)ものを注入しているようだった。

プラセンタ……

結局九時過ぎに帰宅。

4月4日

朝 ドライマンゴー、カフェモカ、グレープフルーツジュース

昼 けんちんうどん(多すぎ)(半分残す)

夜 ご近所のイタリアンで明太子パスタと前菜盛り合わせ

22時まで働いてしまった……

いつもなら眠くなる午後の会議に出てきたお客さんがあまりにもイケメンで、議事録とりつつガン見してたら全く眠くならなかった。

そのあと自社に戻ってあの人めちゃくちゃイケメンじゃないですかと騒いでいたら、3年目の女性に真顔で窘められる。なぜだめなのか。議事録とったのに。姿勢が間違ってるということ?

偏差値が10くらいしかいらない作業に手間取り22時すぎに指導役(34歳独身男性)と帰宅。

私の最寄までずっと一緒なので3,40分話しっぱなし。

指導役は言葉のキャッチボールがあまり得意でなく、バッティングしてくるというか、こちらのキャッチを想定しない強さと角度の返しをしてくるので腐心する。

イケメンでコミュ力高かったら既婚者でも確実に恋になるやつなのに…………

向こうも面倒だと思っているだろう、、と思いつつ肩を落として近所のイタリアンへ行く。

1人で入るのは初めてだった。

日本人と西洋人の男性店員さんがふたり。客は私のみ。

うちのエリアではこういう店では高確率で話しかけられるので覚悟していたら話しかけられず。それどころか途中からやってきたアメリカ人の客(なのか非番の店員なのか)と西洋人の方がイタリア語で、大声で会話しはじめた。

店内で限りなく矮小化される私の存在、、

アメリカ人が急に立ち上がって私に近寄ってきて「私の名前はケイサンです」「あなたは東京人ですか」と話しかけてきた時は緊張のあまり顔がひきつってしまった。人のことをコミュ力低いとか思った直後に、、、バチが当たったなと思いつつ苦し紛れのナイストゥミーチューを繰り出す。

帰り際に結局店長(なのだろうか)の日本人に話しかけられる。近隣の飲食店の話になり、よくいく近所のイタリアンの名前を挙げたら西洋人が「(あの店)大嫌い!」と急に会話に入ってきてビクッとする。

ごめんなさい競合他社の話をして。

3月12日

朝 豆乳と紅茶

昼 ラーメンとごはん

夜 未定

完全にお酒は飛んでるはずなのにめちゃくちゃ眠くてまる1日使い物にならず。

今日もSNSで他人の有給を羨む。

いいんだ、土日休めてるから

女性に面白くなく思われる女性についてずっと考えている。

嫉妬の一言でくくるにはあまりに色々あって、、

たとえば激しくのろける人は、独り身から煙たがられるのはもちろん、相手のある人からも反感を買うのだと聞いたことがある

たくさんのろける人には、周りからの「さぞかし(普通のカップルと比較して、より)熱々なのだろう」という視線が注がれるから、

愛されてる自慢に腹が立つのではなく、

二者間の相互的な関わりから生まれる何かの質を比較されるような感じがして嫌だという話

親密さの定義ほど難しいものはないなあ

やっぱり幸せは主観世界にしか現れないというなんの意味もない論に落ちついてしまう

指導役の先輩が絶妙に清潔感足りなくてちょっとずつ嫌になってきた。

3月8日

朝 白菜のスープ、ミルクティ、ソイラテ、あんこパイ

昼 ナポリタン

夜 初台の焼き鳥

 

 

心を病んで休職中の同期二人と会う。

本当は休職していない別の同期も来る予定だったけど、急な会議で欠席。

 

ところで

男性の方はパイロットになるための専門学校に進学を決めて退職、女性の方は趣味の哲学を勉強しながら友達と会ったりヨガをしたりしていた。東北の県庁に勤務している彼氏とは1年以内に結婚するそう。彼氏の方が東京に来るために転職するのだそう。

 

「宇宙に興味が出てきたらしい。JAXAとかエントリーしてたよ」

 

最近出かけて行ったというみうらじゅんフェスの写真などを見せられる。

 

元気?と聞かれたので「元気だよ〜」と答えると「そのメンタル羨ましいわ〜」と言われる。まあ、あなたたちに比べれば頑丈だよね・・と思う

 

女性の方は私が今いる案件の同じポジションにいたので、色々と思うところがあるようで、まあとても忙しかったとか、あとは自分の作った資料が偉い人のくるプレゼンで使われなかったとか、なんか色々言っていた。

 

「私は期待されてないからあんまり仕事が回ってこないのかもしれない…

だから暇なのかな」などと無駄に自虐してしまい「期待されてないのめっちゃ大事!」などと笑顔で肯定されて傷つく、の流れをいろんな自虐で3,4回やってしまい、自分のプライドを自分でバッチリ傷つけた挙句、帰り道謎の涙を流しながら家に帰り着いた。

 

「やっぱどんなにお金をもらえても、時間って一番大事だし、好きなこと以外に時間を使うのって無駄だって思っちゃったんだよね。」と言われて衝撃を受ける。

 

好きなことだけにもっぱらの時間を使うって、自分が無駄だと思うことに時間を使わないって、

それってもう一部の超絶ラッキーかつ努力家かつ、、って感じの人しか手に入れられない人生なのでは?

 

何より、「精神的な病気で休職した人」ってこんなに目がキラキラしてるもんなのか…

 

休職中も3ヶ月は基本給もらえるし、出世とか考えてないなら、疲れたら休んで人生見つめ直した方がいいよと笑顔で二人から力説される。

 

予想通り、不思議に落ちこまされた会だった。

 

自分の今いる環境に一つも不満がない人なんていないだろうけど、あんまり強く否定されたらどうしたらいいかわかんないじゃんね〜そんなね〜足場崩れるじゃんね〜つまらない人間だと言われても現状維持はそれなりに幸せじゃんね〜

 

それにしても世の中繊細な人がたくさんですわ…

母の友達の娘さんにも父の友達にもうつの人いるし

 

「つらい」の概念がわからんな!

 

あと好きなものに入れ込むのってリスク高すぎるよね〜

裏切ってきた時のショックがありますからね。

 

私は嫌いなものがたくさんあるから、嫌いなものを避けて今生きてるからいいと思ってたけどもね!

3月4日

朝 蒸し寿司

昼 スタバのサンドイッチ

夜 焼き鳥

9時に起きると決意して、起きたら10時半

休日ってたくさん寝ても寝不足でも損した気持ちになるから困る

昨日会った友達に「わたし会社に入ってから性格変わっただろうか」と聞いたところ(最近不安になっていろんな人に訊いてしまう)「根本的な考え方は変わってないけど、なんか全体的に諦念のようなものをかんじる」と言われる。

さらに、

「このまま行ってもうまくは行くけど、自分が人生で大切にしたいと思うことのいくつかは失うんじゃない」と言われたが、待てよ、大切にしたいと思うことって何だ。

向こうもそんなにはっきりと示せはしない感じだったが、、

謎のお題をのこして彼は大阪に旅立った。(今の大学を卒業してほかの大学に行く)

今日は約束の前に必要な買い物を済ませた。

色紙が必要だったので探したが、「コングラッチュレイション☆」みたいな馬鹿げたデザインしか売ってなくて目眩がした。こんなん社会人に渡すか?

まあでも、ほかに選択肢がないので、メッセージ性の強くないものを選んで買う。

メルシーボークーの店員さんがひどくイケメンだったので春用のアウターを買う。

待ち合わせの相手がうちの会社でおじさんがよくかけているブルーライトカット(40パーセント)のグラサン的メガネをかけて登場したのでせせら笑ってしまった。花粉症なので死にたいそう。マスクは嫌いなので絶対にしないそう。死期をはやめる行為。今はただブルーライトに対してめちゃくちゃ危機意識が高い人にすぎない。

「病院で内服薬を貰えよ」と言ったら「うちの家族は病院が嫌いなんだ」と返される。西洋医学に恨みでもあるのか。有事の際はお祓いと薬草で乗り切るのかな、、

高校の時予備校で、いきなり英語の先生が

「この中で、自分がガンになっても西洋医学には頼らない、という人どれくらいいる?」と挙手を求めてきたことがあって、それが今でも鮮明に思い出される。

人はいつか死ぬ!

2月26日

朝 ミルクティー

昼 ハンバーグ

夜 味噌ラーメン

朝がつらい。起きられない。就寝が一時過ぎだったからなのか。6時間半で足りないのってちょっと困りすぎる。1日ずっと眠かった。

本日の作業は無限個あるファイルとフォルダを右から左に移すやつ。

無能だからね。こういうお仕事をしています。恐ろしいよね。

昼は前の案件の3年目女性と今のところの3年目女性でたべる。二人ともめちゃくちゃ優秀なのでひたすら情けない思いをして過ごす。しかしとくに薫陶も受けない。

「朝4時まで飲んでカラオケした翌日、午前休をとっていいよとマネージャーに言われたのでとったらマネージャー含めみんな普通に朝からいた」という怪談を聞く。

作業部屋に戻ったあと今の案件の先輩としばらく二人で話していたが、とにかく自分は厚顔無恥で神経が太いということがわかった。

直そうと思っても「死ね」とか普通に言ってくる上司に恭しく振る舞いたいと思えない。許してないからな。別にショックも受けてないけど。

最近不思議でたまらないのは先輩方の体力について、、

あまりに出来が悪いということで(?)、来月から夜間の勉強会が始まることになった。

八時になっても作業が終わらなかったので帰宅。帰って味噌ラーメンを食べて、風呂に入り、残りの作業をする。

23時台に寝たかったのに24時半。

夜中暑くて目が覚める。ヒートテックを着て寝るのはやめるか、、いや、それよりムクムクのフリース素材のズボンをやめるべきか。

寒くても暑くても目が覚めて困る、、、

「有給とりたいです」と言ったら「いいよ(笑)とりなよ」と言われる。

「今度飲もうよ〜」「飲もう!」(「いつ?」とは聞いてくれない)的な会話だった。

3年目の先輩はこの2年で2日しか取っていないらしい。それを二人きりの時に言われた私はどうすればいいんだ。

この世に有給なんてないんだよ。

2月21日

議事録とるの早くなりましたよね私、と先輩に言ったところ「それよりずさんな部分があるので気をつけて」みたいなことを言われる。褒めろ。まあ私が悪いけど。

「あ〜わかんない〜w」みたいなテンションでいつも質問してたら「いつも楽しそうに仕事してる、この仕事に向いてるよ」と言われる。

うちの部署はいま人不足。

よその社員を引っ張ってきたら若手でも50万円払うという。まあちょっと安い気もする

背中の凝り、痛みがひどい。ずっと仰向けで寝ていたい

自分の時間を過ごしたすぎて、家で食事したあと家事を済ませて風呂に入ってさらにすこしネットを見たり本を読んだりしたらまた1時

昨日あんなに後悔したのに、、

もっと寝たい。じゃあ寝ろよ。