メモ

記録

7月9日

食あたり(?)で激しい下痢に苛まれて4日め

惰眠・ビオフェルミンも一向に効果を見せないため、出社を諦める。

とはいえ家で仕事することにする。

恥を忍んで病状をマネージャーに説明したところ、案の定半笑いでお大事にと言われる。

笑うしかないよね、、下痢だもん、、ははは。笑えよ。

夕方、消化器と内科とかかれた病院に行く。

人生初検便。

「ご自分でとるのが難しいということですと、こちらでお手伝いさせていただくことになります。……ですのでなるべくご自分で。」

恐ろしい。

無事自力で提出。

医師の説明は要約すると「抵抗力が落ちたところに、そこいらへんのバイ菌がやってきて食あたりを起こしたんでしょう」とのこと

この時期大変に多いらしく、医師の説明は物凄く流暢で、こちらからの質問が出ないように、全く網羅的だった。そして長い。論理的だし流暢なんだけど長い。町医者にしては長い。

薬をもらってうどん屋へ。

最近毎日行っているのでそろそろ恥ずかしい。

通いつめすぎてポイントカードがたまったことだし、高いうどんをと思い1200円のをたべる。

ポイントカードには、貯まると1000円以内のうどんと交換出来ますと書いてあったから、これで200円でうどんが食べられる。

店内はいつもミスチルスピッツがかかっている。この街に沢山住んでいるサブカル人間達がギリ許容できるメインストリーム。

しかし今日、シーズンインザサン。

多分アウト。

会計でポイントカードを出したら、これは1000円以内のうどんとしか交換できないのですと言われる。差額を払うのでもダメだと言われる。なんたるちあ、、

笑顔で1200円を払った。