メモ

記録

12月27日

フロランタンとコーヒー

昼 チリビーンズチーズバーガー

夜 焼き鳥とかお酒



今朝は全然起きられず、ホテルの朝食をするー。外が全然明るくない。今日は名古屋で雪が降るらしい。それは低気圧がすごそう。起きられないわそりゃ。


家から持ってきていたフロランタンをかじる。


職場で一番後ろの席が取れたので、仕事しているふりをしながら途中2時間ほどネットサーフィンをする。


腐敗しきった社会人である。

こんなふうになるつもりはなかった。


いや、早く終わらせたらそれだけ早く、たとえば17時に帰っても大丈夫なら仕事に専念しますけどね。


最近ハマっているのは、京都で海外から買い付けたおしゃれな雑貨や古本を扱ってるっぽいお店を営んでいるっぽい、洋食器やビンテージ雑貨や海外の古着を好み、ロンドンや北欧に留学したことがある、おしゃれやゆとりの塊、ゆるふわでいながら思想は強めで自立もしているよみたいな感じの若い女性っぽい人のTwitterを見ることです。

フォロワー大量にいるから有名かもしれない。Suzunaさんという人です。


私はものすごく影響を受けやすい人間なので、この人のTwitterを1時間ほど眺めたあと、可愛い食器が欲しいなと思ったし、仕事場でお茶とお菓子を用意しておやつの時間を取ることは大切だなと思ったし、家の近くのネイルサロンを探した。


昼は2時半頃に、先輩がデリバリーを頼んだ近くのハンバーガーやさん(おいしい)のチリビーンズチーズバーガーを食べた。

この職場、ハンバーガーが好きな人が多い。仕事を始めてからよく食べるようになった食べ物第1位、ハンバーガー。


ハンバーガーって成人病の原因になる食べ物の代表みたいに言われがちだけどそんなに?と思う。肉も野菜もパンも食べられる。ハンバーグ定食と同じじゃん。パンにマヨネーズとか塗ってあるからいけないのかなあ。


チリビーンズおいしい。こんどうちでチリコンカン作ってみようっと。



7時半頃にサッサと退勤し、ネットサーフィン中に見つけた焼き鳥屋さんに行く。

名古屋最後の夜だから、晩餐する。


最果タヒの『死んでしまう系のぼくらへ』を読破する。


小汚い焼き鳥屋さんで最果タヒを読みながら飲んでいる女、本当になんかアレだなと思いながら読み終わる。

面白い。


私は「死んだらなんもかんも終わりじゃん」「じゃあもう早く死にたい」とたまに思う。破れかぶれな思いになった時に。

機嫌がいい時に死について考える人はあまりいない。


でも最果タヒは、破れかぶれじゃないときも、破れかぶれなときも同じように死がある質量を持って自分のそばにひかえていることを知っていて、いざとなればそれをすっと手に取ることができることもわかっていると言っているようで、なんかその肝の座り方というか、私たちが直視しないものをちゃんと見ている感じが印象に残りました。


楽しい時も悲しい時も、体調がいい時も悪い時も死は変わらず私たちの元にあるんだよなあ。別に普段は意識しないけど。


梅酒とハイボールを飲んで、串をたぶん7,8本食べて、酒盗クリームチーズも食べて、キャベツも食べて、お茶漬けもたべて、3000円くらいだったからまあ、安いほうだと思う。おなかいっぱいだし。


問題はこれらを1時間強で食べ終えてしまうこの早食いさ大食いさ、。

少食な人はエンゲル係数低そうでいいなあ。弱そうだし。私も弱そうになりたい。


一人でいると体裁を気にせずたくさん食べてしまう。お金をつかってしまった。



不安なので、帰り道いちおう東京事変のキラーチューンを聞いておく。


ぜいたくは味方〜〜♪


そう、ぜいたくは味方、、(絶対こういう意味じゃない)


椎名林檎ファンにタコ殴りにされそう、いや、タコ殴りとかしないだろうな、鼻で笑うだけだろうけど、一人で自分のためだけにお金を使ってしまった時は、「ぜいたくは味方〜」というフレーズを聞いて、すこし自分を慰める。


服買った時とか。一人で高いもの食べた時とか。


帰ってきて水曜日のダウンタウンを見る。

面白かった。


クロちゃんが食べているのを見て、ラムしゃぶが食べたいなと思った。