メモ

記録

可愛いメンヘラ

なぜ人と比べてしまうのか!

なぜ!大体において不幸になってしまうのになぜ!


自分が恵まれてると認識するのも、他人と比べないとうまくできないし、しかしそれをしようとして自分の不幸に目が行きがち

もう性根が腐ってんな


別の部署の人が自分たちより早く帰ってるとか遅く来てるとか快適な本社で一人で仕事できてるとかもっといえばよその会社は夏休みがあるとかお盆とかもう知らない。知りません。聞こえない。

 

一方研修中近くに座ってた可愛い女の子は地方出張で、毎日25時までおじさんたちと飲み会してるらしい。悲しい。可愛い女の子のことは全社的に守って欲しい。

 

同じ部署の女の子たちはみんな結構しっかりしていて、比較的付き合いやすい

みんな上司に「地方・海外出張が多くても耐えられそうだから」と私と同じようなことを言われてこの部署に入ってきたらしい。

耐えられないかどうかは試してみないとわからないのに、どうしてそういうことを言うのだろう。

そもそも「耐える」って何だ。肉体が強靭であるということか?それなら全員に既往歴(年に何回風邪をひくかとか、そういうレベルで)を提出させて欲しい。

ガリガリに痩せていて、声が小さくても、健康そのものの人もいるだろうから見た目だけでは判断できまい。

 

となるとやはり、精神の話なんだろうか。そしたらますます謎だな。うつとかの既往歴があるんでなければ…面談で急に泣いたりすればいいのか。トイレに行く時必ず誰かと一緒でないといけないという話をするとかか。

 

といいつつも、私にも「耐えられなさそう」がどんなであるか分かるけども

 

色がすごく白くて、化粧が薄い女の子とか

寡黙で、髪の毛がキマっていない華奢な男の子とか

少食とか、困ったような薄ら笑いが得意とかそういう、、

 

 

顔が可愛くて精神的に脆弱な女の子のSNS見るの大好きだなあ。

知らない人とかでも。

美人が病んでるのは清潔感あって良い。

悪趣味である。

 

「恋人が・・」とか書いてあると、キタァとなる…

最近は美大を出て趣味で小説を書いている女性のブログを読むのにハマっています。


東直子の書評とかめっちゃ書いてあってかわいい